オンデマンド印刷についての説明

###Site Name###

要求を受けてから迅速に印刷する方法のことをオンデマンド印刷といいます。

必要なものを必要な時に必要なだけ印刷するシステムのことです。かつては大量に印刷する場合は版を作る必要があり、その版の作成も含めて印刷物の完成までに時間がかかっていましたが、プリンターを大型高速化させ、デジタルデータを直接入力するデジタル印刷機が誕生したことにより、オンデマンド印刷は可能になりました。

この印刷では少部数の印刷物を早くかつ安く手に入れることができます。

今、評判なのはこちらの産経ニュース関連の情報をたくさん掲載しています。

オンデマンド印刷の注意事項としては、この印刷ではトナー方式を用いる為にオフセット印刷と印刷方式が異なり、同じデータから印刷しても色や濃さの仕上がりが同一になるとは限りません。また、面積の大きいベタや平網では少々ムラになりやすくなってしまいます。

いろいろなiPhone7の機種変更が最近話題になっています。

この印刷では一枚ごとの印刷位置が若干ずれるので仕上がりラインがギリギリのレイアウトなどの精密なデザインには向いていません。



オンデマンド印刷はまずDTP制作とも呼ばれるデザイン・版下制作されたデータを直接印刷機から出力させ、加工して納品します。


この印刷を行うための高性能な出力機が多くあり、例えば高性能位カラーレーザー印刷機は商用印刷としても使える美しい印刷が特徴的であり、水性顔料インクジェット印刷機はポスターなどの大きな印刷が可能です。

本来は印刷技法のことではなく、印刷のあり方を表す言葉であったため、短納期・少部数であればオフセット印刷であったとしてもオンデマンド印刷と称することもあります。