プリプレスの工程とオンデマンド印刷について

###Site Name###

一般的な印刷と言うのは、パソコンを利用してページレイアウトを作成し、それを出力した後にフィルム撮影を行ってから、刷版と呼ばれる印刷機にセットして利用するスタンプのような版を制作していく必要が有ります。

印刷の中には、校正作業と言う物があり、大半の場合はパソコンから出力された物を利用して校正を行います。

JCASTニュースに関する問題解決をサポートいたします。

しかし、その後に制作するフィルムをコピーしての校正も行われますので、ケースバイケースでは有りますが、フィルム校正の際に修正が入る事も有ります。



この場合は、パソコンでデータ修正を行い、再びフィルムを制作すると言う工程が出来てしまうのです。
パソコンでページレイアウトを作り、刷版を制作するまでの課程の事を一般的にプリプレスと呼んでおり、このプリプレスの工程を大幅に少なくした印刷手法にオンデマンド印刷が有ります。

オンデマンド印刷は、パソコンを利用してページレイアウトを作成し、校正を行います。
校正の中で発生した修正は、パソコンを利用して修正を行い、校了となります。


その後は、フィルムなどを制作する事無く、オンデマンド印刷専用の印刷機を使って印刷を行うと言う方法です。

オンデマンド印刷ではプリプレス工程を大幅に省ける事もあり、印刷までの納期が短い場合などにはスピーディーな印刷を可能にしてくれるのです。
そのため、最速印刷などと呼ばれたりしているのです。

部数が比較的少ない印刷物や、短納期で制作をしなければならない場合などに、オンデマンド印刷が利用されています。