プリプレス工程とオンデマンド印刷

###Site Name###

印刷にはプリプレスと言う前工程があります。
このプリプレスを大幅に短縮して印刷を可能にする方法にオンデマンド印刷と言う手法があります。


オンデマンド印刷は高速印刷が可能になると言われているものなのですが、高速印刷と言っても、印刷の速度が速いと言う意味ではありません。

オンデマンド印刷が高速印刷で有る理由は、プリプレスと言う前工程が少ない事からも、短時間や短納期での印刷が可能になると言うことなのです。プリプレスは、印刷を行う前段階の事を意味しているのですが、通常新聞などを印刷する場合のプリプレスにはどのような工程があるのかを説明しましょう。

新聞は、各記者が集めた記事を、編集長が記事の良否を判断して、掲載するか否かを決めていき、全体のレイアウトを決めていくのです。
全体のレイアウトが決まると、DTPと呼ばれる工程に入ります。



DTPはデスクトップパブリッシングの略であり、パソコンの中で組版用のアプリケーションソフトウェアを使い、ページレイアウトを仕上げていくのです。従来では、版下と言うものを手作業で作り上げていたのですが、現在ではパソコンを使いページレイアウトを行なっているのです。

納得のiPhone7の予約ついてはこちらのサイトでご確認ください。

ページレイアウトが完成する事で、新聞記事の校正などを行い、今度はそれをフィルム出力を行い、印刷に利用する刷版を制作します。


この刷版は印刷機に使用する原版であり、新聞などの場合は大型の輪転機にそれを利用して印刷を行うのです。


しかし、オンデマンドであれば、パソコンの中で作られたレイアウトを、専用の印刷機で直接印刷が可能であり、プリプレス工程を大幅に減らす事が出来るのです。

グノシーのオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。